効果的な温箱(サウナ)のご利用方法
一、まず体の水滴をよく拭き取ります。
濡れたまま入りますと体が温まりにくく、十分な汗が出にくくなります。
一、サウナの利用時間は6分~12分程度を基準にお入りください。
ご利用時間は体調に合わせて調整して下さい(12分計をご利用ください)
一、サウナを出たら必ず掛け水(掛け湯)を行い、汗を洗い流してください。
一、次に体をゆっくりと冷やしてください。
水風呂が苦手な方は無理をせず、露天スペースでの外気浴で体を冷やしてください。
一、水風呂をご利用の際、必ず足元や手先からゆっくりと掛け水をしてください。
数回に分けて、心臓から遠い順にゆっくりと慣らします。
一、水風呂はゆっくりと足から順に肩まで入ります。
1分~2分程度を目安にご入浴下さい。
気分良く体が冷えたら、水風呂を出て、繰り返しサウナをご利用ください。
一、「サウナと水風呂」は3回位繰り返すのが理想的な入り方です。
繰り返し利用すると、一巡目より血行が促され、より多くの汗をかくことができます。
効 果
サウナに入ると大量の汗をかくことにより、皮膚、汗腺、皮脂腺から汚れや余分な皮脂が洗い流され、毛穴がすっきりしてくるという効果があります。温熱作用によって手足、皮膚などの末梢血管が広がって血行がよくなります。入浴後に冷水浴をすることによって、血管の拡張と収縮が繰り返され、自律神経が刺激を受けて、血管の柔軟性が鍛えられます。そのため、慢性のリウマチ性関節炎や、自律神経失調、更年期障害にも効果があるといわれています。
マナーを守って気持ち良く・ご利用のマナー
横になってのご利用は、あやまって長時間寝てしまう恐れがあり、脱水症状や低温火傷などを起こし非常に危険です。
周りのお客様のご迷惑ともなりますので、絶対におやめ下さい。
注意事項
  • 一、心臓の弱い方、高血圧の方、体調に不安のある方は、必ず医師へご相談の上ご利用ください。
  • 一、サウナのご利用時間は、その日の体調に応じて調整して下さい。
  • 一、入室時はメガネ及びコンタクトレンズにご注意ください。フレームの変形やコンタクトレンズの乾きにより、身体に支障を与える恐れがあります。また貴金属もやけどの恐れがありますのでご注意ください。
  • 一、お子様のご利用はご遠慮ください。
MENU
CLOSE