炭酸泉とはお湯に炭酸ガスが溶け込んだ温泉のことで、入浴すると血管を拡張させ血流を良くする作用があることから、世界諸国では古来より『心臓の湯』とも呼ばれ、伝統医療としても利用されています。
炭酸ガスは空気中に抜けやすく高温のお湯に溶けにくいため、火山性の温泉が多く湯温の高い日本では非常に希少価値の高い泉質とされています。

入浴後しばらくすると、皮膚表面に付着する小さな気泡が、炭酸ガスです。
炭酸泉に入浴すると、天然のマッサージをしたように全身の血のめぐりがよくなり、滞りがちなリンパの流れも促進されてむくみ解消につながります。
また血液の循環とともに酸素や栄養も運ばれるため、艶やかな肌が甦り、体内に溜まった毒素や老廃物の排出作用が期待されます。
弾ける気泡の刺激をどうぞ心ゆくまでお楽しみ下さい。

入浴方法
少しぬるめのお湯(38℃前後)に10分程度ゆっくり浸かっていただくことをお勧めします。炭酸浴では体を浸けた部分が数分で真っ赤になることがありますが、それだけ血流が良くなった証拠です。
入浴後には戻りますので、どうぞ安心してご入浴ください。
適 応
心臓弁膜症 / 心筋障害 / 高血圧症 / 末梢循環器障害 / 神経症 / リウマチ性疾患 / 創傷 / 卵巣機能障害 / 更年期障害 / むくみ解消 / 便秘解消 / 冷え性 / 肩こり / 腰痛 / 疲労回復 / 体内の毒素排出
禁 忌
高炭酸血症(呼吸不全等換気障害) / 重度の心疾患 / 神経衰弱症
MENU
CLOSE