炭酸の湯/電気の湯|お風呂・サウナ|施設のご案内|らくスパガーデン名古屋

炭酸の湯

炭酸泉とはお湯に炭酸ガスが溶け込んだ温泉のことで、入浴すると血管を拡張させ血流を良くする作用があることから、世界諸国では古来より「心臓の湯」とも呼ばれ、伝統医療としても利用されています。まるでシュワシュワのサイダーの中に飛び込んだかのような感じになります。あまりの楽しさに動きたくなりますが炭酸が抜けてしまうので静かにお楽しみください。お風呂に溶け込んでいる炭酸ガスは空気中に抜けやすく高温のお湯に溶けにくいため、火山性の温泉が多く湯温の高い日本では非常に珍しい泉質とされています。

 入浴後しばらくすると、皮膚表面に付着する小さな気泡が、炭酸ガスです。炭酸泉に入浴すると、天然のマッサージをしたように全身の血のめぐりがよくなり、滞りがちなリンパの流れも促進されてむくみ解消につながります。また血液の循環とともに酸素や栄養も運ばれるため、艶やかな肌が甦り、体内に溜まった毒素や老廃物の排出作用が期待されます。シュワシュワと弾ける気泡と共に不思議なお風呂の感触をどうぞお楽しみください。

電気の湯

体に優しい低周波電流がここち良い刺激を与え、 肩コリや腰痛をじんわり癒してくれます。

入浴時のご注意
下記に該当される方は事故や体調不良を起こすおそれがありますので、必ず医師に相談の上ご入浴ください。
・ペースメーカー等の体内植込型医用電子機器をご使用の方
・心臓病の方
・腎臓病の方
・高血圧の方
・動脈硬化症の方
・神経過敏症の方
・てんかんの疾患がある方
・妊娠中の方
・飲酒されている方
・皮膚に外傷、かいよう等の異常がある方
・胸腺リンパ体質の方および幼児
・その他の医師から入浴を禁じられている方や身体に異常を感じている方
MENU
CLOSE